FDAドローンパイロットスクール

FDAドローンパイロットスクールは国土交通省HP掲載ドローン管理団体認定のドローンスクール(講習団体)です。

※写真は2018年12月20日筑後川漁船転覆事故において「捜索中のPhantom4 Pro V2.0」と「MAVICエンタープライズを操縦するFDA女性パイロット」

 

 

 


当協会では設立の理念に基づき、ドローンパイロットを目指す人たちが安心して学ぶことができるように、低料金でクオリティの高い確かな指導を提供しています。

受講終了後にドローンスクール(講習団体)としての国土交通省に承認されたドローン技能認定検定を行っています。

合格者には「無人航空機の許可・承認」の申請がスムーズに行える認定証を発行しています。

 

 

最短2日間で取得できる「ドローン技能認定」

計10時間の飛行訓練+4時間の学科講習です。

受講時間の選択フリー
ご都合のよい日時をご予約ください。

FDAドローンパイロットスクール受講料 126,500円
《スクール受講料93,500円+ドローン技能検定料33,000円》

料金改定のお知らせ
2021年5月1日以降のお申込みより
FDAドローンパイロットスクール受講料 165,000円 となります。
《スクール受講料、ドローン技能検定料含む》

■専用練習場完備・夜間受講有

お申込み方法はこちらから

※希望者はスクール受講終了後に、協会認定ドローンパイロット研修生として、技術向上を行いながら災害調査や人命救助等の活動に参加することができます。

《講座内容》
実技学科(講習)
飛行練習(10時間)航空法・電波法他(4時間)

機体重量200g以上のドローンを一定の条件下で飛行させるには国土交通省の承認・許可が必要です。その場合、10時間以上の練習が義務付けられています。
受講終了後に検定を行い、合格者には技能認定証(FDAドローン技能認定)を発行します。
※検定料金含む

《受講資格》
資格
ドローンパイロットを目指す16歳以上で過去に航空法及び電波法の違反がないこと。規定の学科講習:及び実技訓練などのカリキュラムに参加できる方。

スクール内容

《飛行訓練 計10時間》+《学科 計4時間》

国土交通省の飛行マニュアルに準拠した飛行練習から、プロフェッショナルに通じる基礎技術と知識を学ぶことができます。
機体は人気高性能ドローンを使用します。各種ドローンの特長の違いを把握できるように小型ドローンから空撮専用ドローンまで数種類のドローンを練習機としてご用意しています。
また、改正航空法に加えて、関連法令も学科講習いたします。

 

■飛行訓練(実技) 計10時間
※屋内練習(PCシミュレーション、小型ドローン)


全天候型屋内練習場(2面)


大画面シミュレーション室完備


※専用屋外練習場5ヶ所完備
(講習及び練習内容によって場所が変わる場合があります)

■学科講習 4時間  (終了後にドローン技能認定検定を行います)

■学科(講習)
改正航空法電波法
その他関連条例
時間はご相談の上,調整いたします。

合計10時間飛行訓練と4時間の学科講習、終了後にドローン技能検定を行います
また、上記のカリキュラムを習得しながらアプリや各種設定の方法も指導いたします。

お申込み方法はこちらから